jinkennomori.com | AAA-Blog with Sidebar
19169
paged,page-template,page-template-blog-large-image-whole-post,page-template-blog-large-image-whole-post-php,page,page-id-19169,paged-5,page-paged-5,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-3.7,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

『朗読劇 あん』東村山公演決定!

小説「あん」、映画「あん」、そして朗読劇「あん」へ。

6月27日(土)に初公開した朗読劇「あん」。
ピクルス田村さんのギターをバックに、ドリアン助川さんと女優の中井貴惠さんが語る「あん」は小説とも映画とも違う
ライブならではの感動がありました。

そしてこの度、関係各位の尽力により東村山での公演が決定しました。
ぜひ、ご覧いただければと思います。

朗読劇 あん
〜誰にも生まれてきた意味がある〜

日程:2015年9月23日(水・祝日)
時間:A公演 開場13:30 開演14:00
   B公演 開場16:30 開演17:00

会場:東村山市市民ステーション サンパルネ コンベンションホール
   ・西武新宿線/西武国分寺線
    「東村山駅」西口直結(ワンズタワー内)

料金:一般¥3,000
   東村山市民優待¥2,000
   *全席指定
出演:中井貴惠 ドリアン助川
   ピクルス田村(ギター)

チケット:2015年8月10日発売開始
[一般・東村山市民優待 取扱]
・丸山書房(西武新宿線「久米川駅」 南口前)
 東村山市栄町2-8-1
 042-391-0929(10:00〜22:00 定休なし)
・交流基地みっちゃんち
 東村山市栄町2-20-10-101
 042-306-4341(13:00〜17:00 日曜日定休)
・オンザフィールド 
 050-5525-1493(平日11:00~18:00)

◎ドリアン助川 道化師の歌
http://durian-sukegawa.com/blog-entry-55.html

◎中井貴惠オフィシャルサイト
http://nakaikie.com/info/4.html

◎オンザフィールド 
http://otf-webshop.com

ドリアン助川さんサイン会の報告と朗読劇あんのご案内

IMG_74686月24日5時より、東村山市の久米川駅南口にある丸山書房で、ドリアン助川さんのサイン会が行われました。サイン会に先立ち、「あん」を執筆するに至った経緯、元患者の皆さんへの思いなどを語っていただきました。
また渡部市長からは、「あん」が「人権の森構想」推進に大きな力を与えているとのお話がありました。

このサイン会については毎日新聞が記事にしています。

なお、6月27日(土)には、朗読劇あんがあります。
「出演は、中井貴惠さんとボク、ギターはピクルス田村くんです。
小説とも映画とも違うエンディングを迎える朗読劇「あん」。
ぜひこの機会をお見逃しなく。」とのことです。
ぜひ、ご覧ください。

20150624143951a10

A公演は午後2時から B公演は午後5時から です。
会場は、東京・四谷のポプラ社コンベンションホール
(新宿区大京町22-1HAKUYOUビル)
予約はオンザフィールド050-5525-1493 です。

ドリアン助川さんの情報は以下サイトへ
「道化師の歌」
「Come Come Everybody」
「アルルカン・ヴォイス・シアター」
「地と風の向こうに」

映画「あん」写真展~映画「あん」のまち東村山~

限られた上映館数ながら、公開第三週に入ってもなお、興行ランキング10位をキープしている映画「あん」。
もうご覧になりましたか?
多磨全生園入所者自治会とともに人権の森構想を推進する市では、ハンセン病患者を描き、ほぼ全編、東村山が舞台となったこの作品を応援すべく、写真展~映画「あん」のまち東村山~を開催。映画「あん」のワンシーンや、ロケ地、舞台挨拶等の写真を展示します。
皆様のご来場お待ちしております。

平成27年6月16日(火曜)から21日(日曜) 午前9時00分から午後5時00分
東村山市 中央公民館ギャラリー展示室

映画『あん』公開!  河瀨直美監督のツイートより

映画『あん』が公開されました。
河瀨直美監督のツイートをご紹介しながら、これまでの流れを追いかけてみたいと思います。

公開までの1ヵ月、東村山市では、全生園入所者自治会、市民有志、映画宣伝スタッフと連携し、「人権の森構想」を盛り込んだチラシと東村山が舞台であることをうたうポスターを作成。多くの市民の協力のもと市内全域に「あん」のポスターを貼り、チラシを配布し盛り上げてきました。そんななか、市民に朗報が飛び込みます。

5月30日公開当日、上映館のなかで東村山市にもっとも近い「新所沢シネパーク」では、河瀬監督、ドリアン助川さん、樹木希林さん、永瀬正敏さんらが集結。立ち見もでる満席の映画館は凄い熱気に包まれました。

全国77館のみで公開されている「あん」ですが、注目度はかなり高かったようです。

河瀨監督自ら、劇場支配人の皆さんにアピールです。

ここで驚きの情報が飛び込みます。わずか77館にもかかわらず、なんとオープニング2日間で興収約4000万円超の成績で、11位スタート。

さらに【KINENOTE最新公開作評点の1位に河瀬直美監督の「あん」】
なんと平均評点85点超(6/2現在)とは!

そして、、、

まだまだスタートしたばかり。
ぜひ、多くの皆様に映画「あん」をご覧いただき、ハンセン病についての正しい理解を広めていただければと思います。