jinkennomori.com | 第1回語り部講演会~多磨全生園「人権の森」を考える~の開催
22422
post-template-default,single,single-post,postid-22422,single-format-standard,ajax_updown_fade,page_not_loaded,,select-child-theme-ver-1.0.0,select-theme-ver-3.7,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

第1回語り部講演会~多磨全生園「人権の森」を考える~の開催

国立療養所「多磨全生園」の園内にある豊かな森。その礎となったのは、かつて、不治の伝染病とされて過酷な差別と偏見にさらされた入所者の方々の「想い」です。国の強制隔離政策の下で入所者は、人間の尊厳、人権の回復を求めて闘い続ける一方で、様々な想いを込めて木を植え、育ててきたのです。過ちを繰り返さないために全生園の緑を未来に残す「人権の森構想」とともに、人権とはなにか、語り部と考えてみませんか。
多くのかたのご来場お待ちしております。

※なお、ポスター・チラシ上では、講演者が当会長平沢保治とありますが、藤崎陸安(ふじさき みちやす)氏に変更になっております。

 

■入場無料 ■定員180名 事前申し込みの必要はありません。当日、直接会場にお越しください。座席数に限りがございますので、先着順とさせていただきます。
■プログラム:DVD上映「ひいらぎとくぬぎ」 語り部講演「生きるよろこび 命輝く ~ハンセン病とともに~ 」藤崎陸安
■主催:東村山市 ■協力:多磨全生園入所者自治会
■実施日時:平成29年6月11日(日曜)午後1時30分から午後4時00分(午後1時00分開場)
■場所:清瀬市生涯学習センター 7階 アミューホール 住所 清瀬市元町1-2-11